利用者の声を取り入れる太陽生命

皆さんは保険に加入していらっしゃるでしょうか。日本には国民皆保険制度と言うものがあるため、健康保険については一律して加入はしているはずです。しかし、この保険によってカバーされる内容というのはそれほど広いものではなく、補償の内容というのも決してなにごとにも対応できるような内容となっているわけではありません。このような国民皆保険制度ではカバーすることができないような範囲をカバーするためには、任意保険というものが重要になります。ここでは、そんな任意保険の提供を行っている保険会社の一つとして、太陽生命について紹介します。太陽生命では多くのポイントを持って活動が行われていますが、これらは1つに集約すると「利用者本位の保険」であるということになります。

それでは、実際に太陽生命が利用者本位の保険を提供するために、細かくどのような設定を行っているのかについて紹介します。最初に紹介するのは、業務運営の質を向上させることによって、利用者のメリットとなるようにしている点についてです。太陽生命は保険というのは短期間の付き合いとなるものではなく、利用者と保険会社の間で長い間に渡る信頼関係が必要になるものだと考えています。そのため、利用者に関わる全てのプロセスに於いて高品質なサービスを提供できるようにする、ということを太陽生命全体の使命として考えており、そのためのシステムを導入しています。

例えば太陽生命が行っているプロセスの最適化の一つとしては、利用者が出来るだけ迅速に保健効果を受けられるようにするという事が挙げられます。例えば事故に合ってしまい保険金が必要だという時に、多くの手続きが必要であって、支払いまでに時間が掛かるということでは、十分な保険効果を発揮できていないということです。太陽生命ではこのような場合にも出来るだけ迅速に情報提供を行い、情報収集を行うことによって手続きを行えるような体制を構築することが重要だと考えています。

さらに、太陽生命では、利用者が持っている様々な願いや業務改善の案についても耳を傾けることを重要なポイントであると考えています。こういったものをサービス品質の向上のための策として取り入れることによって、より多くの人にとって効果的な保険であることを目指せるというように太陽生命は考えているためです。このように、複数のプロセスに対して利用者の声を取り入れるようにしているのが太陽生命の強みです。